なでしこルネッサンス

幸せになるために知ってほしい5つのこと

女神様からのたくさんのメッセージを読んでくださった皆さま、そしてこれから読もうかなと思っていらっしゃる皆さまに、ぜひお届けしたいのが、この「女性の法」です。

「法」というと難しく聞こえるかもしれませんが、
女性性の役割とはどういうものか、
神様がどのような期待を込めて女性たちをつくられたのか、
どのようなあり方がいちばん女性として自然で、幸せなことなのか、
いにしえより変わらない、基本的な法則が「女性の法」です。

この「女性の法(金星の法)」は月意識セレニティ様が降ろしてくださいました。
(詳しくは 月意識セレニティからのメッセージ 〜 金星の法 〜、および書籍 ガイアの祈り をご覧ください)

私たち女性は、神より与えられた自らの女性性、母性の力に気付き、女性本来の誇りを取り戻してこそ、本当の意味で幸せになっていけるのです。

この「女性の法」を、
「女性はあまり理屈っぽいことが好きではないのです。何か条といって、十個もあったらいやになってしまうのです。ですから、天照様、日向様とお話をし、簡単にこの5つにまとめてみました」(2007年4月 木花開耶媛命様)

と、現代の女性たちに幸せになってほしいと、女神様たちが簡潔に5つにまとめてくださいました。
(5か条のあとに、簡単な説明も加えさせていただきました)

「女性の法5か条」

どうか皆さまお一人おひとりの人生で、かけがえのない幸せを見つける道しるべとなりますようにー。

1.  〜 受容性 〜 
私たち女性は、神の愛の受容性という、陰の意識のエネルギーである。

相手をありのままに受け入れ、愛で包み清めるという陰のエネルギーの力、受容性は、妊娠・出産から宇宙のビッグバンまで、あらゆる創造が行われる際に、必ず陽のエネルギーと対になって働く、最も根源的な原理です。女性だけが生命を生み出すことができるのも、この本質をもっていればこそです。

2.  〜 母性 〜 
私たち女性は、転生輪廻をくりかえし永遠の命の中で学ぶ最も大切なテーマは、全ての存在を生かし育むという母性の愛を学ぶということである。

女性にとって、子どもを愛し、その子ならではの花を咲かせるお手伝いをすることは、どのような仕事にも代えがたい尊い役割です。 神はすべての女性に母性の力を与えられました。 その力は、自分の子どもに限らず、地球のすべて子どもたち、男性たち、そしてありとあらゆるものをいとおしみ、育み、開花させていく力です。

3.  〜 原因結果の法則 〜 
私たちに与えられた永遠の時は、因果の法、原因があり結果があるというその法則で貫かれている。

私たちは嫌なことがあったとき、「どうして私だけがこんな目に遭うの」とつぶやいてしまいがちです。 でも、この大宇宙は「あらゆる出来事には原因がある」という法則で貫かれています。 今ある状況は、すべて自分で選んだことの結果であり、すべてが自分の学びに必要なものなのです。 人の人生と比べるのは何の意味もないのです。

4.  〜 美の使者 〜 
女性は美の使者として、その存在から美を体現すること。

神は「美の表現者であれ」という願いを込めて女性の魂を創造されました。 女性たちは装うことで、周囲に励ましやいたわりを与えることができるのです。 そして無心に咲く花々が美しいように、自分を飾ろうとするのではなく、自分に正直に、神の子として献身的に愛にあふれて生きていく。その姿の中に女性の美しさはあるのです。

5.  〜 補助者 〜 
女性は陽の意識の男性の補助者として、優しさと笑顔で愛を表しましょう。

「内助の功」というように、男性は女性の愛あふれる献身的な支えがなくては、本来の才能を開花させて社会で活躍することができません。 男性を受け止め、相手の力を引き出すことは、女性のすばらしい愛のエネルギーの働きです。 相手の幸せを自分の幸せとし、相手のために自分のすべてを投げ出すところに、女性の幸福はあるのです。

↑ページ先頭へ戻る