なでしこルネッサンス

夫婦関係

不妊

母として

性行為

家族関係

仕事

人生は一冊の問題集

〜愛を学ぶため、あなただけの一冊を持って、この時代のこの三次元に生まれて来た〜

この世の中にはさまざまな悩みというものがありますが、それらは一つの根本定理を押さえれば簡単に答えは出るのです。

人間が「神の子」であり、愛のエネルギーそのもの、もっというならば、私たちはみんな愛を学ぶためにこの三次元に降りた天使たちであるということです。

それを押さえれば、私たちはなんのために三次元に降りてきたか、そうして、子どもであれご主人であれ、何を基準に正(せい)を置くべきかという答えがわかるはずなのです。 すべてその上でのバリエーション、瑣末的な問題です。根っこを押さえることが大事なのです。

そして、なにより大切なことは、神の子であるということに人類が気づくということです。
神の子とは何であるかというと、愛のエネルギーである父なる神の子であり、愛のエネルギーを分けてつくられた存在であるということです。
愛を学ぶために、愛をなしていくために存在するのが神の子である、私たちの役目であるということです。
その立脚点に立ったら、すべての問題は自然に解けるはずなのです。


「人生は一冊の問題集である」とも言われます。
その一冊の問題集には、この時代の、この地球という三次元に即した学びがあるのです。それを学びたいといって、私たちはわざわざこの三次元に降りてきたのです。

その問題集は、その時代認識とともに、一人ひとりの個性の分だけあります。私たちが一冊ずつもらっている問題集は、全部違うのです。

ですから、子どもたちにおいても、自分の力で解かなければ学べないのです。
誰が見ても、正しいという答えがあるわけではなくて、その人にとって愛を学ぶために、そして神の子として生き、成長するために、何がいちばん必要かということが基準となるということです。
そして親というのは、あくまでそのときの応援やサポートであり、それ以上介入して、母親や父親が子どもの問題集の答えを書こうとしてはいけません。それでは、その子が今世せっかく生まれてきたのに、学ぶ機会を逸してしまうということになるのです。

そのことをよく踏まえて、愛はサポート、愛は助力という面で、ご主人やお子さまたちに接してみてください。

アマーリエ

〜 アマーリエ プロフィール 〜 
巫女として多くのメッセージを降ろした。彼女の巫女能力は高く、人格霊だけでなく、地球神霊や太陽神霊、さらにはオーム神霊からもメッセージを受け取ることが可能であった。それらのメッセージはすべて書籍やCDに収載され、公開されつつある。彼女自身は、地上での使命を終えて帰天した。

↑ページ先頭へ戻る